納得のリフォーム会社選びで住まいをハッピー・リフレッシュ!

評判の高いリフォーム会社比較ナビ » 着工までのリフォームの流れ

着工までのリフォームの流れ

大切なマイホームを長く使うためには、リフォームのタイミングも大切。業者への依頼から施工まで、フレッシュハウスを例にとって、リフォームの流れも紹介します。

手を入れるタイミングとリフォームの流れ

大切なマイホームをいつまでもきれいに、快適に使うためには、リフォームを上手に活用していくことが重要です。

いつ頃、どの程度のリフォームをするべきかを知っておくことで、費用面でも無理がなく、より使いやすい家にアレンジして暮らしていくことができます。

リフォームをするタイミングとしては、一般的に次の4つが考えられます。

家の老朽化や機器の故障の修繕

壁のひび割れや屋根の老朽化による雨漏り、浴室の老朽化などが原因として多く挙げられています。

家は購入・新築から10~15年経つと、さまざまな部分が劣化し、故障や水漏れなどが起こりやすくなります。

定期的にメインテナンスするに越したことはありませんが、住んでいて「あれ?」と思ったら、なるべく早めに修理をお願いすることが大切です。

水漏れやカビ、シロアリ被害などを放置しておくと、家の土台部分まで浸食がすすみ、リフォーム費用が跳ね上がることもままあります。

家をより長持ちさせるためのリフォーム

外壁や屋根など、老朽化が目立つようになる前に塗りなおしたり、より耐久性の高い塗装に変えたりするリフォームもあります。

たとえば、新築時は予算が足りず、安価な塗装剤にしておいて、4~5年してから、耐久性や遮熱性の高い外壁塗装を施すといった場合もあるようです。

屋根も瓦の葺き替えなどを定期的に行なうことで、雨漏りや地震時の倒壊の危険性を低くすることもできます。

住む人のライフスタイルに合わせたリフォーム

最近よく耳にする、「子どもが独立した」「二世帯住宅にしたい」など、住む人のイフサイクルの変化に応じて行なうリフォーム。

間取りを大幅に変更したい場合は、内部を全て取りはらい、一から組みなおすスケルトンリフォームもオススメです。

より快適な機能を手に入れるためのリフォーム

床暖房やオール電化などの導入、和室をフローリングにするなど、「家のバージョンアップ」ともいえるリフォーム。

費用はかかるものの、光熱費などが節約できることが多く、長い目で見るとお得な暮らしを実現することができます。

 

一つひとつの工事を別々にお願いするよりも、まとめて行なってしまったほうが早く済みますし、費用面でもお得になることが多いもの。

これらのリフォームのタイミングをうまく組み合わせ、無駄がなく、満足度の高いリフォームを行ないたいものです。

こちらのカテゴリーでは、実際にリフォームを行なうまでの流れを紹介しています。

⇒きめ細かく相談してくれるフレッシュハウスのランキングは?